ω ひょうたんdeアサラトPROJECT ω
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
CAUNTER
RECOMMEND
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - |PAGE TOP↑ -
カトマンズで正月気分
category: NEPAL | author: むーきー

トレッキングから帰ってきた

僕達を待ってたのは

「ダサイン」という

ネパール最大のお祭り


日本でいう

お正月にあたるそうです

ダサイン中は

ほとんどのお店が

休暇に入ってしまうため


普段は賑やかな街も

どこか静かな様子



それに乗じて

僕もすっかり正月気分で

のんび〜りライフです



食べたり…





旅の仲間と日本食パーティー開催!!

世界一うまい食べ物は

日清カップヌードル!




観光してみたり…


ネパール最大の仏塔、ボダナート


ブッタイが全てを見てます

五体投地でお参りする参拝客も

たくさんいました!






ネパール最大のヒンドゥー寺院、パシュパティナート


火葬場の横で子供が

無邪気に遊んでます


賑やかに焼かれるのも

悪くない!!!





買い物したり…





カワイイ雑貨の店がいっぱい!





ω!?!?!?!!!ω

こんなクレイジーなものまで!



カトマンズは買い物天国ですね!!



いやー

カトマンズの街の雰囲気は

疲れた旅人を

本当に癒してくれますー



また

カトマンズで出会う

旅人、現地の人々も

みんな穏やかなので

本当に居心地がよいよいよい。




ですが

そろそろ出発時


インドの北部

ラダック地方が

呼んでるよー



早くしないと

ラダックまでの道が

雪で通行不可になるそうで・・・


ってことで今しかない!!!


トレッキング中に

魅せられた

チベット文化が

根強く残る場所・・・


うーん

秘境のニオイが

プンプンします!

非常に楽しみ!!!



てことで



バイバイネパール!!

また会う日までーーω
 

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
チョモランマトレッキング[おまけ]
category: NEPAL | author: むーきー

「ヤク肉バーベキュー!!!!!!」 



それがカラパタールから引き返す時の

僕達の口癖でした。


トレッキング中に食べたヤクステーキ!

しかし注文して出てきたものは


ステーキじゃなくてハンバーグ!

肉そのものじゃなくてミンチしちゃったもの!



ヤク肉ハンバーグ・・・・

確かにうまい、美味かった・・・・・



しかし!!!

僕達は本物のヤクの味、歯応えを感じたいのだ!!!



という訳で

ヤク肉バーベキュー開催!!



ってことで・・・

材料調達だー!!!!



まずは主役のヤク肉!

トレッキングコースには

ヤクがいっぱいです!



レアな白ヤク




プッリプリな子ヤク達



さて

どいつを食ってやろうか・・・

どいつもコロコロしてて美味そうだな・・・

やっぱりレアな白ヤクが一番か・・・



しかし!

チョモランマを見た僕達に

可愛いヤクを絞めあげるような邪悪な心など

あるわけがなく



生捕作戦断念!!!



ということで

近所のヤク肉屋さんに行きました!



近所のヤク肉屋さん

美味しそうなヤクがいっぱいで

迷ってしまいますね!




ククリ(ネパール式包丁)で

細かくしてもらい・・・


ヤク肉ゲーット!!!!!






次は脇をかためる野菜系!


トレッキングコースには

美味しそうな野菜がいっぱいです!



巨大インゲン畑


さーてどれを採ってやろうか・・・

少しくらい貰っても問題ないだろ・・・

ヒマラヤで育つインゲンはやはりビックだな・・・


しかし!


チョモランマを見た僕達には

人様の物を盗むような汚れた心など

あるわけがなく


勝手に採っちゃえ作戦断念!!!



ということで

農家の方に頼んで

野菜を売ってもらいました!




これで野菜ゲーット!!!!!



ついでに

その辺に落ちていた・・・・


ヤクうんこゲーット!!!!!!!




高山病で

狂ってしまったわけじゃありません!


ヤクのウンコは乾燥後

実際に燃料として

ロッジのストーブとかで使われているんです!




こんな感じで


ヤクうんこは

言わば着火剤ですね!!





後は適当な川辺を見つけ

火おこし!



ヤクうんこはあまり活躍してくれず

代わりにヒマラヤのでっかいマツボックリが

火種としてバリバリ燃えます!


無事に火もおこり・・・


レッツ、バーベキュー!!!!!!




塩コショウで味付け



ヤク肉は

そこまで臭くなく

鳥肉のような触感が美味!!!


ちょっとレアなくらいが

丁度よいです!


巨大インゲン豆も甘くてウマいー!


ヒマラヤさいこー!!!!!



こうして

ヒマヤラを

見るだけでなく

味わうこともできました!



最後まで

様々な感動を与えてくれた

ヒマラヤに

感謝感謝っすね!ω




※トレッキングから帰ったすぐ後
 原因不明の腹痛に
 悩まされました。

 ちょっとやりすぎたか!?

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
チョモランマトレッキング[カラパタール編]
category: NEPAL | author: むーきー

E.B.Cに行った翌朝


朝日に照らされた

チョモランマ含むヒマラヤ山脈を拝むため

カラパタール頂上向けて

歩き出しました!





夜明け前のヒマヤラと共に

ここまで来るのに要した日数、9日!



カラパタールは

周りの山に比べると

蟻のような存在ですが

登ってみると意外とキツイ!


ですが

そのキツさも

頂上を目指す気持ちの大きさが

足を動かしてくれます





この丘のような所がカラパタール頂上

バックは名峰プモリ




真ん中の黒いのがチョモランマ


途中から顔を覗かせはじめました!

雲も無く

その姿が

非常によく見えます!




岩がゴロゴロしている道を

よじ登るようにして進み

約2時間かけて

遂にカラパタール登頂!!!





カラパタール頂上からのチョモランマ!





朝日を浴びて光り輝くプモリ

何て色っぽい山なんでしょう




プモリは

このトレッキング中で出会った

最も美しい山


山に初めて恋をしました!







そして・・・

人はあまりにも感動すると

服などいらなくなるのです。





チョモランマwith裸になった隊長

冷気が体に・・・


神がかっております






隊長につられて便乗する隊員!



僕も負けちゃおれません!!




このトレッキングで

苦しい道のりを共に乗り越え

固い絆で結ばれた3人!


ここカラパタールで

さらに強固なものとなりましたね!!





頂上で興奮していると

チョモランマの向こう側から朝日が・・・




神秘的な光景






あまりの美しさに

表現する言葉もでません



鳥肌がトマラナイー!!!




その後

一人、チョモランマとじっくり対峙



じっと見つめてると

改めて

この山の偉大さに感動し


自然と涙が・・・




心の中がすっきりして

それでいて

前に進むパワーみたいなものを

チョモランマから

もらいました!




チョモランマ

本当にありがとうございました!




また来るねーんω

comments(2) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
チョモランマトレッキング[E.B.C.編]
category: NEPAL | author: むーきー

最後の町ゴラクシップから

まず向かったのが

エベレストベースキャンプ[E.B.C]



我がチームの隊長は

今までの苦しい道のりにより

完全に高山病にかかりダウン!



翌朝のカラパタールに備え

ロッジでお休みです



高山病は本当にキツそうです




ということで

残りの隊員2人で目指せE.B.C!




WAY TO E.B.C!!


溶けた氷河に沿って

岩と砂利の道無き道を進みます




5,000mを超えているだけあって

さすがに足取りは重くキツイですが

それ以上にヒマヤラの絶景が

僕らを元気にさせてくれます!!




氷河が溶けてできた湖

気分も開放的!!




岩がゴロゴロ





こんなとこにも植物が!

すごい生命力!


しばらく歩くと念願の

チョモランマが顔を見せました!




真ん中に見える黒い山がチョモランマ!

雲に隠れてしまっていますが

感動の初対面に

ああ、チョモランマ・・・




3時間後、E.B.C[5364m]に到着!




本当に何も無い所

あるのはチベット仏教の祈祷旗、タルチョだけ


ここからチョモランマは

見えませんが

他の山々が迫ってくるかのように近いです!!!




E.B.Cの地面は

なんと氷河でした!



ここで聞こえる音は

全て自然が奏でております

氷河が崩落していく音

山の雪が崩れていく音

風が唸る音


どれもが深く深く壮大で


まるで地球が唸っているかのようです



すげーぞヒマヤラ!!

すげーぞ地球!!!




今はちょうどシーズンオフで

世界一の山に挑むチームの姿は

見当たりませんでした


シーズン中は登頂を夢見る人々が

世界各国から大勢集まってくるとか・・・



世界一の山に登ったら

どんなんなっちゃうんでしょうねー

きっと、凄まじい感動と達成感で

うんこ漏らしちゃうでしょうね!!


チョモランマ登頂

人生に一度

誰か一緒にしませんか!?ω

comments(0) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
チョモランマトレッキング[序編]
category: NEPAL | author: むーきー

お久しぶりっすー!!


チョモランマトレッキングから帰って来ましたよーん。


うーん、下界の空気は実にマズイ、マズイ!

鼻くそが真っ黒になっちまうぜ!!



その違いを強く感じるくらい

空気がキレイなとこにいたんすねー



チョモランマに思いを馳せた

ジャパニ3人が

1つのチームを作り

12日間

カラパタールの頂上を目指し

ヒマヤラの山々を歩きまくりましたー!



毎日が感動の連続で、もう胸がいっぱいでございます。





まずは大自然!!!!!!


標高が低いところでは(といっても既に標高3000m以上)

緑豊かな景色が広がります








川の流るる勢いスピードもさすが凄まじい!



自然のスケールの大きさには

終始驚かされっぱなしです!





マツボックリも

こんなに大きくなちゃった!w


 



小さく素朴な花達もキレイだねーん


 



山間にある集落






さらに標高が上がっていくと

背の高い植物は姿を消し

岩と小さな植物だけの荒野へと

だんだん姿を変えます!




かめはめはー!打てそうな風景




獅子神様!!??






ヤク!ヤク!!ヤク!!!

シータの故郷に来ちゃったみたいー

初ヤクにマジ感激!!!!





標高が上がるにつれて

白い雪化粧した山々も

顔を見せ始めました!







標高5000mくらい

山と岩、氷河だけの世界





名峰ヌブチェ

標高は7000m以上!!

何て神々しいのでしょう。








また、ヒマヤラの人々の生活の中には

チベット仏教に対する

信仰心が根付いており

トレッキング中

その篤さを感じさせられます。


 

マニ石

様々な経文が刻まれております

色も形も大きさも多種多様!








こんなちっちゃいものも!




こういう時は

左側を通るのが礼儀です






マニ車

一回まわすだけでとお経を読んだことになるそうです

何て便利なんだ!w







チョルテン

エベレスト登山で命を落とした者たちのお墓

素晴らしい眺めでいいですね。



これらの祈りの刑象には

人の心を引きつける

不思議なパワーが確かにありました。



思わず足を止めて見入ってしまう場面が

何度あったことか・・・。








トレッキング中の食事!!!!!!!

野菜を中心とした

ヘルシーな料理が多い




ダルバート

野菜中心のネパール田舎定食!

お代わり自由なんで

毎日1回、はちきれんばかりに食います!







山の酒チャン

米から作った濁り酒

ホットにすると美味い!






ヤクステーキ

ここでしか食べられないっしょー

ステーキ注文したのにハンバーグ出てきましたw

ジューシーで食べ応えあり!






ヒマヤラに住む人々!!!!!




荷物を運ぶ人たち


ここには車やトラックなどの

輸送手段が無いので

自分自身の力で運ぶのです!



上の方に行くに従い

物の値段が上がっていくのも

彼らの頑張る姿を見ていると頷けます。

重さを聞いたらなんと90キロだって!!







誇り高きシェルパ族の男達

チョモランマについて熱く語ります!


世界一の山に命を懸け

それを仕事に日々生きる彼らは

何て男らしく、かっこいいんだろう!




そんなこんなで

素晴らしい景色や

美味いご飯

新しい出来事に

日々胸を躍らせ


苦しい場面も

幾度となくありましたが


チーム3人そろって

目的のカラパタールの麓の町まで

たどり着くことができました!!




最後の町、ゴラクシップ[標高5180m]



エベレストベースキャンプと

感動のチョモランマとの対面は

次の記事にてーω

comments(3) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
ああ チョモランマ
category: NEPAL | author: むーきー
ブログのサブタイトルにもなっている


「ああ チョモランマ」


チョモランマとはチベット語で

あの世界最高峰

エベレスト!!!!!


この旅でささいな目的だった

エベレスト・・・



明日から

このチョモランマに向かって

トレッキングしてきます!



実際に

エベレストを登るんじゃなくて

そのめっちゃ近くで

エベレストを拝むといった感じっすね。


ほんとなら

勢いでエベレスト

登っちゃいたい気分ですが

お金もめっちゃかかるし

まず、勢いだけで登れるほど

世界最高峰は甘くないので

泣く泣く諦めました。。。



ですが

世界最高峰をこの目で!

という野望は潰えません!!!



約2週間

行って参ります。




目指すは

エベレストを眼前に仰ぐ

カラパタール[5545m]の頂へ!!


多分泣けますね!


ああ チョモランマ チョモランマ・・・





※ルート的にはコルカタ→ダッカ(バングラデシュ)→シッキム(インド)→ダージリン(インド)→カトマンドゥ と来ました!

途中のブログはまた更新してきます
順番が逆になってしまい申し訳ありません。


comments(5) | trackbacks(0) |PAGE TOP↑ -
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH